NEWS-BLOG

Featured Posts

April 29, 2020

おとなも子供も 大人気のぬりえ

いよいよゴールデンウィークに突入しました。この外出自粛期間中におうちで過ごす皆さんを応援する『ぬりえ・フェス2020』を当社のFacebookページにて開催中です。

★Facebookの「ぬりえ」収録ページはこちらから。 

「イラストの力で今私たちにできることは何か?」そんな想いでこの企画を立ち上げ、多くのイラストレーターの協力のもと開催しています。ぬりえにはご存知の通り「脳トレ」や「ストレス発散」の効果が期待でき、お子さんからご年配の方まで多くの方に楽しんでもらえるのではと思います。難易度も幅広くご用意しております。

プリントア...

February 7, 2020

ワンちゃんたちとめぐる世界の旅

今年の1月から月に一回、クオカードのデザインを手がけています。

これはセブンイレブンをはじめ様々な加盟店で使えるプリペイドカードで、同社サイトで限定発売されるものです。

毎月リリースされる魅力あふれるデザインのマンスリーQUOカードは、年間シリーズとして発行されます。

テーマは「世界の風景とワンちゃん」です。世界の名勝を旅して周り、それぞれの地域で可愛らしいワンちゃんと季節の花が出むかえてくれます。このシリーズを楽しみにしてくださっている方も多く、素敵な世界をお届けできるよう制作しています。毎月の発売をどうぞお楽しみに。

企業のお客...

October 11, 2019

ごあいさつ

本年10月に弊社は創立8周年を迎えました。こうしてこの日を迎えられますのも、皆さまのご支援ご愛顧の賜物と心から感謝し御礼申し上げます。

さて、年初に掲げた「少しずつの変化を進化に」というスローガンのもと、この夏に新規ビジネスを立ち上げました。

「逸品ジャパン」という、当社とクリエイターがタッグを組んで発信する新しいクリエイティブ・プロジェクトです。 今まではB to Bを基軸にしたビジネスを展開してきましたが、新しいオウンドメディアとしてB to Cを展開するべく開発いたしました。

これはクリエイターが持つ高度な能力を活かし、市場には散見されな...

August 10, 2019

CUDのチェック方法

前回のカラーユニバーサルデザイン(CUD)の記事では、CUDの意味や取り組みについて書きましたが、今回は具体的にどのようにすればCUDに対応したイラストになるのかご説明いたします。

着彩後のCUDチェック方法については、PC用の専用ソフトや、スマホのアプリなどありますが、AdobeのフォトショップやイラストレーターのCUD校正機能でシミュレーションができます。

ただこれらのツールは完全な再現ではなく擬似的なものですが、判断の目安にはなると思います。

色覚には何種類ものタイプがあり、その中でP型とD型と言われるタイプのチェック方法が以下の通り...

July 10, 2019

色のバリアフリーを目指して

ユニバーサルデザインは1990年代の半ばくらいから、日本でも取り入れられるようになってきました。それは障がいを持った人のためだけでなく、誰もが使いやすいモノを作ろうという提唱から広まった言葉です。

そして、グラフィックデザイン業界では、色の見え方が異なる人(色弱者、色覚障がい者)にも見やすくわかりやすさを配慮した、カラーユニバーサルデザイン(CUD)というものが求められるようになりました。

国内には多くの色覚障がい者の方がおり、色の識別に不便を感じていると言われています。ほんの少し色の使い方を工夫すればカラーのバリアフリーに近づける...

January 16, 2019

2019年3月に京都の東映太秦映画村に新アトラクションがオープンします。

天空クライミング「忍登(しのぼり)」という今大変人気のクライミングのアトラクションです。このオープン広告メインビジュアルを手がけました。

このアトラクションは高さ7mの壁や球体、ポールなどへ登ったり飛び降りたりと、忍者さながらのスリルを味わうことができます。もちろんハーネスは付いているので安心して遊べます。

イラストは、頂上を目指して頑張って登る子供たちを表現しています。このアトラクションの「ドキドキ」や「ワクワク」を感じてもらえるでしょうか。

子供から大人まで、スポーツクライミングを体験...

January 4, 2019

あけましておめでとうございます。

皆さまにおかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

さて、本年は平成最後の年であり、新しい元号が施行されます。

そして東京五輪を翌年にひかえるという稀有な1年です。

世の中が大きく変わろうとしているのを、間近に感じることができる年明けでした。

仕事や人々の生活も、この時代の流れに沿って変わっていくのかと思います。

企業においては過去の歩みも大切にしながら、未来への舵取りを見極めなくてはなりません。

「少しずつの変化を進化に。」

当社では本年からこのスローガンを掲げます。

クリエイティブビジネスにおいても、留まってい...

August 30, 2018

業界で活躍するクリエイターへのインタビュー

先日都内の中学校に通う生徒さんからの取材を受けました。

当社の中でもお付き合いが長い作家の「かわぐちいつこ」さんへのインタビューです。

かわぐちさんはアパレルのキャラクターを始め、商品キャラクターで活躍されているイラストレーターです。

描かれたキャラクターは手描きのラインが優しく生き生きと表現されており、現在はバレリーナをモチーフとしたキャラクターで多くのファンを魅了しています。

バレエ大国でもある日本は、レッスン生が推計で40万人とも言われています。

これは世界でもトップクラスの規模数ですが、そのような環境の中でバレリー...

April 23, 2018

イラストの価格というのは、よくわからないという話を聞きます。

金額はどうなっているのでしょうか?

基本的な考え方としては、以下の通りです。

● 制作費 =「制作作業費」+「媒体使用料」

イラストは使われるものによって金額が変わるということです。

例えば5~6cmくらいのイラストカットだとしても、冊子の誌面に小さく使われる場合と、広告ポスターやCMで大きく使われる場合は違うという考え方です。

しかし現在は、上記の式ではなかなか当てはまらない事も多くなってきました。

そして金額はその他に色々な要素が絡み合って決められているのです。

・作画の難易度

・クリエイターによっての価格...

March 15, 2018

プレゼン時にウラ取りしておくと安心!

デザイン会社やプロダクションの制作ご担当者の方は、カンプ提案時にダミーでイラストを入れたりすることが多々あると思います。

取り急ぎ、現状ではまだイラストレーター本人への連絡はせずにイラストをダミーで入れて、、もしその案が通ったらイラストレーターにオファー(問合せ)しようという話も少なくありません。

もちろん、それで問題なく進むこともありますが、スムーズに進行するには事前の確認がより安心です。

ちょっと危ないかも? この制作フロー

クライアントからのプレゼンやコンペの依頼

  ↓

時間がない

  ↓

イラストを使ったデザイン案を制作

...

Please reload

【東映太秦映画村 新アトラクション広告】メインビジュアル